謹賀新年!

 新年あけましておめでとうございます。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 今年が皆様にとって素晴らしい年になりますように!

 

 ※動物園は元旦より営業しております。
  お正月三が日は「お正月イベント」も開催中です。
  開園時間は10:00~16:00です。ヨロシクね♡

年賀状用写真フリー素材①

 皆さん、年賀状の準備はもうお済ですか?
 来年の干支はイヌ!
 「うちはイヌ飼ってないし、写真どうしようかな~」とお困りのそんなあなたに朗報です♬

 茶臼山動物園から写真フリー素材のプレゼントです。
 今年話題になったマンホールアライグマの写真です。
 アライグマはイヌ科ではありませんが、よかったらあなたの年賀状に使用してみてね♡

 ※写真をクリックすると画像が大きく表示されますので、その後に右クリックをして画像を保存してください。

 

年賀状用写真フリー素材②

 皆さん、年賀状の準備はもうお済ですか?
 来年の干支はイヌ!
 「うちはイヌ飼ってないし、写真どうしようかな~」とお困りのそんなあなたに朗報です♬

 茶臼山動物園から写真フリー素材のプレゼントです。
 今年話題になったマンホールアライグマの写真です。
 アライグマはイヌ科ではありませんが、よかったらあなたの年賀状に使用してみてね♡

 ※写真をクリックすると画像が大きく表示されますので、その後に右クリックをして画像を保存してください。

 

年賀状用写真フリー素材③

 皆さん、年賀状の準備はもうお済ですか?
 来年の干支はイヌ!
 「うちはイヌ飼ってないし、写真どうしようかな~」とお困りのそんなあなたに朗報です♬

 茶臼山動物園から写真フリー素材のプレゼントです。
 今年話題になったマンホールアライグマの写真です。
 アライグマはイヌ科ではありませんが、よかったらあなたの年賀状に使用してみてね♡

 ※写真をクリックすると画像が大きく表示されますので、その後に右クリックをして画像を保存してください。

 

シロオリックスのミニーさん

 アフリカ平原にシロオリックスのメス「ミニー」が仲間入りしました!
 ミニーは、兵庫県の姫路セントラルパーク生まれで、今年2歳のメスです。
 これまで1頭で暮らしていたオスのジャスティーのお嫁さん候補としてやって来てくれました。

 11月27日(月)から一般公開が始まりました。きれいで可愛らしいミニーに会いに来てね♬

アライグマのカールくん

 今月に入ってマンホールの蓋を器用に開け閉めする動画で一躍有名になったアライグマのカールくん、動画を見たたくさんの方からいろいろとご質問をいただきました。
 それをもとにカールくん情報をQ&A集にしてみましたので、よかったら参考にしてみてください。

 また、動物園ホームページの動画チャンネルにもカールくんの動画をアップしましたので、まだご覧になっていない方はチェックしてみてくださいね。⇒【カールくん動画】

 

【カールくんQ&A集】

Q1:マンホールに出入りする姿はいつ見られるの?

A:特にイベントとしては行っておりませんので、いつ見られるということはありません。ただし、1日に1回、担当者がマンホールを開けて個体確認をしますので(15時~16時の間が多いです)、その時に運が良ければご覧いただけることがあります。

 

Q2:どうしてマンホールの中に入っているの?

A:アライグマは夜行性で、昼間は木の洞や岩のすき間などに隠れて休んでいることの多い動物です。暗くて狭い空間で休んでいると落ち着くのでしょう。

 

Q3:マンホールの開け閉めはカールくんしか出来ないの?

A:マンホールの中に入るようになったのは、姉のイザベルのほうが早いです。イザベルが昨年亡くなってからカールが出入りするようになりました。アライグマは非常に手先の器用な動物なので、覚えてしまえば他のアライグマでも開け閉めは出来ると思います。

 

Q4:カールくんはいつもマンホールの中にいるの?

A:夜間は建物の中(寝室)で過ごしています。朝、建物(寝室)から出てくるとすぐにマンホールの中に入ってしまいます。日中、まれにマンホールから出てきたり日光浴をしていたりすることもありますが、かなり稀です。

 

Q5:背中の毛がゴワゴワしているのはケガをしているの?それともストレスで毛が抜けているの?

A:ケガをしているわけでもストレスで毛が抜けているわけでもありません。今の季節は換毛の最中です。マンホールの中は結露しているので、換毛中の毛が濡れてゴワゴワしているように見えるだけです。

 

Q6:カールくんとアンナちゃんは仲が悪いの?カールくんは、いじめられてマンホールの中に隠れているの?

A:カールとアンナは仲が悪くはありません。むしろ非常に仲良しです(2頭を別々の部屋に別けたりすると、お互いを呼びあって鳴いたりします)。外では別々にいることが多いですが、寝室ではお気に入りの場所(ヒーターの上)で一緒になって寝ています。

 

Q7:マンホールの蓋がしっかり閉まっていない場面を見たけれど、カールくんはいつも蓋をしっかり閉めるわけではないの?

A:マンホールの中は結露しやすいので、特に雨の降っているような湿度の高い日は、カールはわざと蓋を完全に閉めません。蓋のすき間を自分で調整して換気をしているのです。けっしてズボラになったわけではありません。

 

Q8:マンホールの蓋をもっと軽いものに変えてはどうなの?

A:カールはマンホールの中を非常に好んでおり、今の状態に馴染んでいます。むやみに現状を変えてしまうと、かえってストレスを与えてしまうことにもなりますので、今のところ交換する予定はありません。

 

Q9:マンホールの中はどうなっているの?

A:中には、展示場にある池の排水バルブが入っています。穴の直径は33cm、奥行きは27cm(底まで52cm)、蓋の重さは4kgです。

 

10:カールくんの名前の由来は?

A:カールにはイザベルという姉がいます。2頭は元々、有害駆除動物として長野県の軽井沢で捕獲され、動物園に保護されてきました。そのため軽井沢の「軽」が「カール」、「井沢」が「イザベル」となって、この名前になりました。

 

11:カールくんはいつご飯を食べているの?

A:夕方、建物の中(寝室)に収容されてからご飯を食べています。

 

12:レッサーパンダのカールくん…。

A:アライグマです。お間違いなく。

 

☆キリンの赤ちゃんの名前が決まりました☆

 平成29年8月4日(金)に誕生したアミメキリンの女の子の名前が決定しました。
 名前は『ベガ』ちゃんになりました♬

 この女の子には首の左側に特徴的な星形の模様がついているので、星に関わる名前にしました。
 ベガは、夏の代表的な星座「こと座」の中で最も明るい恒星で、七夕の織姫星としても有名な星です。ベガのように明るく輝ける存在に育ってほしいという願いが込められています。
 また、長野では七夕を8月におこなう慣習も残っています。

 ベガちゃんの名前募集にたくさんのご応募をいただき誠にありがとうございました。
 今後ともベガちゃんの成長を一緒に見守ってくださいね♡

キリンの赤ちゃん誕生☆

 8月4日にアミメキリンの「アミ」が、女の子を無事出産しました。

 キリンの妊娠期間は約450日と長く、今回は462日でした。
 「アミ」は出産前日の夕方より落ち着きなく室内を歩行するようになり、時折、尾を上げて息むような姿勢を見せたりしましたが翌日まで変わらず、朝9:30頃後ろ足をひろげて出産体勢に入りました。
 10:25出産、11:30赤ちゃん起立、12:00授乳と順調に運び、身長約170cm、体重およそ40~50㎏、少し小さめですが首の左側に星印のある元気で可愛らしい赤ちゃんが誕生しました。

 現在「アミ」と赤ちゃんは、舎内と小パドックをフリーの状態で行き来できるようにして暮らしています。赤ちゃんの成長を見ながら、他の個体との同居を進めていく予定で、お父さんの「ガンバ」との同居は来年春ごろになりそうです。
 お客様には、天候の良い日にはアフリカ平原観客通路と新観客通路から母子の様子をご覧いただくことができます(悪天候の場合は、室内展示となります)。
 なお、現在開催中のサマーナイトZOOではキリンの展示を19:30までおこなう予定でいましたが、赤ちゃんが誕生したため母子の健康を考え夜間の展示を中止とさせていただくことになりました。16:30以降はアフリカ平原は閉鎖となりますのでご了承ください。

 母親「アミ」の様子…祖母の「カナエ」は非常に子育て上手でしたが、それを「アミ」も受け継いでいるようです。「カナエ」より赤ちゃんに対しての愛情は深いようにもみえます。赤ちゃんをあまり長く見ていると担当者にでさえ怒るようなしぐさをみせます。

 父親「ガンバ」の様子…ほかの個体にも優しいキリンですが、赤ちゃんに対しては特に興味関心が深いようです。フェンス越しにシマウマが赤ちゃんに近付くと追い払いに来ます。

 祖母「カナエ」の様子…フェンス越しに赤ちゃんを「こっちにおいで」と誘っています。赤ちゃんが近くに来ると、ベロベロと頭や体をなめてあげているが赤ちゃんは迷惑そうです。

「がんばれ!イシガメ!」

 今年の企画展「がんばれ!イシガメ!」がいよいよ開催となりました。

 8月31日まで動物園のレクチャールームでやってま~す。立ち寄ってみてね!
 

ロンくんのお散歩タイム中止のお知らせ

 当園の土日祝日イベントのひとつレッサーパンダ「ロンくん」のお散歩タイム!

 これまでは1年を通じてイベントをおこなってきましたが、ロンくんも今年12歳と高齢のため、今年からは8~9月の暑さの厳しい時期はイベントを中止することになりました。
 10月以降については今のところ未定です。

 ただし、室内展示場にてロンくんの展示はおこなっておりますので、会いに来てね♡

インドセタカガメ!!

 いよいよ今年も企画展開催の時期になりました。
 今年の企画展は、「がんばれ!イシガメ!」と題して、日本固有種ニホンイシガメの暮らしやその現状について紹介します。
 ニホンイシガメがメインの企画展で、皆さんになじみの深いカメの展示が中心になりますが、そんな中で非常に珍しいカメも展示します。

 そのカメは、「インドセタカガメ」と言って国内ではなかなかお目にかかれないカメさんで、日本の動物園の中ではこれまで横浜の野毛山動物園と札幌の円山動物園、大阪の天王寺動物園にしかいませんでした。
 このたびこの企画展に併せ茶臼山動物園でも飼育を開始しましたので、ぜひ見に来てね!

長野のリンゴ うっめぇ~♫

 レッサーパンダの「サラ」ちゃんに丸ごとリンゴをあげたところ、この表情をいただきました。

 さすが茶臼山動物園のナンバーワンモデル♡ですね!