概要・利用案内

概要

茶臼山恐竜公園・自然植物園 茶臼山恐竜公園・自然植物園は茶臼山地すべり跡地を整備したもので、昭和52年に長野市市制80周年記念事業として建設が決定され、昭和52年7月に上部が、昭和55年7月には下部がオープンしました。

 恐竜は可能な限り実在した恐竜に近い形状に作られ、周辺の太古の遺存植物の植栽、生態説明版等の設置により、楽しみながら学べる場となっています。

広さ
面積約33ha 南北は約150~450m 東西は約2km 恐竜類 ペルム紀(約2.5億年前)3体、三畳紀(約2億年前)2体、ジュラ紀(約1.5億年前)11体、白亜紀(約1億年前)9体 
合計25体
樹木
植栽した草木・薬草類40科76種180,000本、 自生の草木類68科129種70,000本 
総計(延)108科205種250,000本
ほか主な施設
冒険の森:33点のアスレチック施設 ローラー滑り台:3基 長さ70m、32m、25m
藤の大トンネル:300mの藤棚
こどもオトギの広場:おとぎ話10話を遊具化。

利用案内

開園時間
期間:3月20日~12月19日 冬期間は積雪のため閉鎖となります。
午前8:30~午後5:00
定休日
上記の期間中は無休
入園料
無料
所在地
長野市篠ノ井岡田2358
電話
(026)293-5168